歯と占いの関係

歯と占いの関係

顔の相、手の相などは占いでも一般的に知られていると思いますが、歯の占いをご存知でしょうか。

歯相学などともいったりしますが、歯は食べ物をかみ砕く入り口として、健康上も重要であると同時に、歯並びや白さなどの相手に与える印象からもこういう歯は良い、良くないといった統計学的な見地からおおよそのイメージのようなものができていたりします。

例えば前歯二本が出ている人はポジティブで明るい、タレントでいうと明石家さんまさんなどが典型かもしれませんが、そういった傾向があるようです。

前歯二本は当門とも呼ばれ、大事な歯として認識されています。

歯の間に隙間があるいわゆる隙っ歯の人はそこから運気が逃げてしまうなどとも言われています。

虫歯ももちろん運気を下げる重要なファクターで、お金持ちの人などは歯医者に定期的に通っているというデータもあります。

屏風型の歯の人は強運の持ち主とも言われています。

扇のように一本の歯が下に拡がっているような形の歯です。

扇や末広がりのイメージから来ているのではないかと思います。

歯が凸凹している叢生・乱杭歯・八重歯といった歯並びもあまり良いとはいえません。

家庭環境、人間関係でギクシャクしてしまうとも言われています。

最近になってようやく日本も歯の矯正というのが一般的になってきましたが、欧米では昔から歯並びを気にする傾向があります。

北欧などでは子供たちに学校で無料で歯の矯正ができるようにしているシステムもあります。

歯は命ということを重んじてきた文化には日本人も見習うべきだと思います。

他には歯の数が32本が良いとか、歯の色艶など、気にしていくとキリがないですが、とにかく清潔であることが前提であると思います。

歯の白さは関係ある?

歯に関わらず「白」という色は五行の中でも「金」を表すと言われています。

金といってももとはマネーの金ではなく、鉱物やゴールドの方の金がもとのようですが、そこから関連して、現代では金運そのものにも直結する色と言われています。

また白は浄化の意味もあり、悪い気を取り除く効果があるといわれています。

人気商売の芸能人の人達が歯の白さを競うようにしているのは、見た目もあるでしょうが、根本的に運気を上げるためにやっているといってもいいかもしれません。

若く元気な歯があるにも関わらず、それを抜いてインプラントにしてしまう俳優さんなどもかなりいると聞きます。

一般人としては定期的に歯のホワイトニングをする程度で運気は上がっていくと思います。

注意したいのは歯のホワイトニングといってもエステのようなところでやっているホワイトニングです。

エステなどは歯科医の免許がないわけですから、強い薬剤などは扱えず、ホワイトニングといいながら、単純に歯のクリーニングをやっているところが少なくないところです。

ホワイトニングをする場合は歯医者さんがいるクリニックで受けることをお勧めします。

スターホワイトニングなどは全国に展開している大手なので、施術のノウハウなども含め、安心できるクリニックだと思います。

スターホワイトニングの口コミや評判といったレポートが見れるサイト、こちらも予約前にチェックしておけば安心ではないでしょうか。